2日間断食の効果|見た目や顔の変化は?やり方や回復食などを解説

2日間断食の効果|見た目や顔の変化は?やり方や回復食などを解説

本記事のリンクには広告がふくまれています。

「断食」は、美容にも健康にもよいとされ、ダイエット法としても知られています。長期間、食事を断つのが難しいという方も「2日間」であれば週末などを利用して挑戦できます。「2日間の断食ならできそう…」と思う方も多いと思います。

とはいえ、たった2日間の断食でダイエット効果や美容効果があるのか疑問に思いますよね。「2日間の断食で見た目や体重に変化はあるのか?」や「2日間の断食のやり方について」など、詳しく解説していきます。

目次

2日間断食の効果は?見た目や顔は変化する?

2日間断食の効果は?見た目や顔は変化する?

皆さんが一番気になるのは、2日間断食をした際の効果ですよね。2日間の断食はどんな効果があるのか、顔や体など見た目の変化はあるのかなどをみていきましょう。

2日間だけに限らず、断食を行うと様々な効果を得ることができます。具体的には2日間の断食を行うことで下記のような良い影響があります。

ポイント

かつて断食は、宗教の行いの一環であったり治療法として実践されていました。現在、断食に挑戦しようとしている方は美容や健康の為に行う方が多いと思います。

2日間の断食では簡単に挙げるだけでも①~③の効果があります。それぞれの効果についてみていきましょう。

デトックス効果

まず、2日間断食をすることで期待できるのがデトックス効果です。普段、朝昼晩と間食などをする事で私たちの腸は24時間稼働しっぱなしです。2日間、断食を行うことで毎日働きづめの腸を休ませてあげることができます。腸を休ませることで消化能力が回復し、便通が良くなり身体がデトックスされます。

断食を行い、完全に空腹の状態を作ると「モチリン」と呼ばれる酵素がでます。そのモチリンがぜん動運動を活性化させ、便通が良くなり便秘も解消されます。

身体の中に溜まった老廃物を排出する方法で一番高い割合を占めるのが便です。身体に溜め込んでいる便や宿便を解消することでデトックスとなります。

美肌効果

2日間の断食で美肌効果が期待できます。そもそも、美肌になるには肌のターンオーバーを促すことが大切です。身体に老廃物を溜め込み、腸が荒れている状態ではビタミンやミネラルが上手く吸収されません。よって、先ほどご紹介したデトックス効果が結果的に美肌効果にも繋がります。

腸の消化能力が低下し、便が身体に残った状態が継続すると体内に悪玉菌が増えます。悪玉菌によって、有害物質が作られ体内を巡ると肌荒れにも直結します。

2日間の断食を行うことで便秘が解消されると体内の毒素も一緒に排出されます。ダイエット効果だけでなく、同時に美肌効果も得られれば一石二鳥ですよね。

ダイエット効果

多くの方が期待しているのが即席のダイエット効果だと思います。2日間断食を行えば体重の減少は期待できます。もっとも、2日間断食をし減量できた体重もその後好き放題に食べるとすぐに戻ります。

2日間断食を行う場合は、「準備」と「回復食」が重要となりますので後程詳しく解説します。

見た目や顔の変化はある?体重は何キロ痩せる?

見た目や顔の変化はある?体重は何キロ痩せる?

上記でも記載したように、2日間の断食を行うと体重の減量が期待できます。2日間の断食の効果でご紹介したデトックス効果により宿便がなくなるのでお腹周りもスッキリします。もっとも2日間のみの断食ですので5キロや10キロ落とすことは難しいです。それでは、2日間断食を実践した人の声を見てみましょう。

2日間断食をした人の経験からすると1.5キロ~3キロの程度痩せる方が多いようです。3キロ痩せると少し顔回りもスッキリし、周りの人にも「痩せた?」と聞かれることもあるようです。

2日間の断食のやり方は?回復食は何がいい?

2日間の断食のやり方は?回復食は何がいい?

2日間の断食は、2日間ただ何も食べないだけではありません。断食本番への準備期間や断食後の回復期間が非常に大切です。2日間の断食は下記のような順番で行います。

2日間断食の流れ

特に回復期間は非常に大切な期間になります。回復期間にどのように過ごすかによって断食の効果は大きく変わります。

準備期間

長期間の断食を行う場合は、必ず準備期間を設けましょう。突然、何も食べない状態にしてしまうと身体が驚き飢餓状態と勘違いしてしまう場合があります。

身体が飢餓状態と認識すると逆に脂肪を溜め込もうとする動きをする場合があります。2日間の断食を行う際は1日~2日の準備期間を設けましょう。

準備期間は、徐々に食事を減らし身体を断食する状態に慣れさせるために行います。断食本番の1~2日前からはアルコールを控え、夜20時以降は固形物を口にしないようにしましょう。

また、食事は糖分や脂分を避け普段よりも少し食事量を減らすことを心がけましょう。

準備期間~断食直前におすすめの食べ物

断食本番

断食本番中は、固形物は一切避けて水分をたくさん摂るようにしましょう。また、水分もカロリーのあるものではなく、常温の水や経口補水液などがおすすめです。断食本番中も断食を行っていない普段の生活でも水分をたくさんとることは非常に大切です。

1gでも体重を減らしたいからといって水分を一切取らないことは逆効果です。

水分を摂取しなければ身体が水分を失わないように排出制限をし、むくみを感じることがあります。下記のような栄養を補給するための水分補給は必ず行いましょう。

断食本番中におすすめの飲み物

むくみ以外にも、脱水症状を起こす可能性もあるので水分を断つことは健康面からみてもよくありません。体重をすぐに落としたい方も水分だけは必ずとりましょう。また、断食本番中は激しい運動は避けて静かに過ごしましょう。

2日間の断食では、めまいや頭痛を感じる方もいらっしゃるようです。このような症状は一時的な事が多いですが、少し休んで改善しない場合は断食を中断しましょう。

回復期間

2日間の断食を終えた後、非常に大切なのが「回復期間」です。この、回復期間をどう過ごすかによって2日間断食の効果が変わると言っても過言ではありません。

断食本番を終え、体重が減っていたとしても回復期間にドカ食いしてしまうとすぐにリバウンドします。

断食期間を終え、心置きなく食事をしたい気持ちもわかりますがここはグッと我慢しましょう。断食後は、徐々に通常の食事をとることが大切です。

回復期間には「回復食」と呼ばれる消化の良い胃に優しいものを摂るようにしましょう。断食本番直後はまず汁物や流動食から順番にとり、胃を食事に慣らすのが良いでしょう。

断食の回復食でよくある失敗や注意点」については、下記で詳しく解説しています。

詳しくはこちら
断食の回復食でよくある失敗!回復食の注意点とは? 巷ではちょっとした「断食(ファスティング)ブーム」が来ています。断食はダイエット効果も期待でき、体質改善にも大きく役に立ちます。現在、さまざまな種類の断食に...

2日間断食の回復食は?

2日間の断食期間を終えたからといって、すぐに好き放題食べてはいけません。断食が終了し、今すぐにでも好きなものを食べたい気持ちはわかりますが、ここはグッと我慢しましょう。断食終了後の一食目は、下記のような流動食をとりましょう。

断食終了後の一食目

消化が良く、栄養価の高い飲み物や腸に優しいヨーグルトなど断食終了後は、消化の良いものから徐々に慣らしていきましょう。その後の回復食としては、下記のような食物繊維を多く含むものをとることをおすすめします。

回復食におすすめの飲み物

回復期間をどう過ごすかが、2日間断食の効果を最大限に発揮できるかどうかのポイントです。また、上記の食べ物以外ににも「まごわやさしい」と呼ばれる健康に良い食材を使う食事もおすすめです。「まごわやさしい」や回復食についてさらに詳しくは下記の記事をご覧ください。

2日間の断食でも十分に効果は感じられる!

2日間の断食に挑戦する場合、準備期間~回復期間まで4日ほど気を付けて生活をしなければなりません。しかし、簡単な方法でダイエット効果・美容効果を得られます。2日間の断食を行うことで身体の中から美しくなることができます。

「最近、太り気味だ…」「便秘が続いてお肌が荒れている」などでお悩みの方は一度挑戦してみましょう。断食を行う際はご自身の体調と相談し、無理をしない範囲で行いましょう。

安全に断食を行いたい人へ!酵素ドリンクで栄養不足を補おう!

食中の栄養不足を防ぐために酵素ドリンクを飲むことをオススメしています。酵素ドリンクを飲むことで、最低限のカロリーやミネラル、ビタミン等の栄養補給を行うことができ、より安全・安心に断食を行うことができます。

断食・ファスティングの初心者の方もとても飲みやすいオススメの酵素ドリンクをご紹介します。栄養価が高く、腹持ちもよく、更に味も美味しく飲みやすい酵素ドリンクです。

【オススメの酵素ドリンク】

created by Rinker
優光泉
¥9,180 (2024/05/22 08:31:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
KOMBUCHA CLEANSE
¥6,480 (2024/05/22 08:44:33時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を書いた人

栄養学を専攻し、大学を卒業後、ダイエットジムでトレーナーを得てファスティングマイスターに。短期間のファスティングを中心としたダイエット方法を発信しています。

目次